Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

目の前に僕らの道がある

勉強会とか、技術的にはまったことのメモ

2014年に使った技術

ざっくりと去年使った技術をざっくりふりかえってみる。ホントにざっくりです。


PSGI/Plack

今働いている会社のwebサービスのバックエンドはperlで動いています。そしてそれらのアプリケーションはmod_perl上で動くようになっていました。
深遠なる諸事情*1があってそろそろmod_perl卒業したいよねと検証自体は重ねていたんですが、年初くらいに都合よくほかのサービスに影響を与えることのない小規模な新規プロジェクト*2を作ることになりました。もの自体は1週間くらいでくみ上げました。ここで組んだベースアーキテクチャが以降のPSGI/Plackのプロジェクトのベースになっています。

Perl::Build / xbuild


system perlに依存するとディストリビューションやOSを変える度にperlのバージョンが変わっていろいろ面倒なので、PSGI/Plack化したプロジェクトではperlを独自にビルドするようにしてます。
xbuildというかperl-buildでビルドしたperldebian package化して使っています。各サーバでperlをビルドするのは時間の無駄遣いなのでdebで配布します。

Carton

system perlを使っていたときは、perl moduleもdebian packageで入れていたんですが、独自ビルドするようになったので、モジュール管理にcartonを使ってます。

OrePAN2::Server

基本社内モジュールは作らない/作らせない/CPANに上げやがれという方針ですが、どうしても外には出せない社内ロジックがあるのでそういうものを置く場所として使っています。

Upstart

Ubuntuで動いているサービスのデーモン管理はupstartに基本任せています。設定ファイル書くの簡単で、癖がそんなにないので重宝しているんですが、なんか次のUbuntuからsystemdに移行するみたいな話があってだいぶ辛い予感がしてます。

Fluentd

Fluentdを全サーバに導入しました。今まで各サーバに入ってgrep/wc/sed/tailを駆使してログ解析していたアプリケーションログ(イベントログ)、アクセスログ、エラーログを1つの場所に集約できるようになってだいぶ捗ってます。
アクセスログに関しては最終的にvhost毎と vhostとstatus code(4xx,5xxxのみ)毎にファイルを分けて出力するようにしてるので、アクセスログ解析が今までよりだいぶ捗るようになりました。だいぶライフチェンジングです。

Elasticsearch / Kibana

Fluentd入れた時点でだいぶログ回りは快適になったんですが、それでも最終的なログのストア先はファイル*3なのでアプリから扱うには少し不便とか諸事情あったので、いろいろ検証した上でElasticsearchを入れました。
フロントエンドのKibanaがだいぶ優秀でかなり捗ってます。

GitBucket

gitレポジトリへのアクセスは基本sshを使っていたんですが、開発者以外の企画者やデザイナもgitを使うようになってきて、いろいろアカウント管理の問題が出てきて素のままgit使うのはちょっと管理上つらいというのがきっかけでその辺解消するために導入したのがgithub cloneのGitBucketでした。
従来のgitwebよりはレポジトリブラウザとしてよいのですが、歴史が深いレポジトリとかだとだいぶ重かったりするのが少し難点です。
月一でupdateがあるので、改善は期待できそうです。

Slack

試験導入中です。正直別にIRCでもよくね?感がまだあります。デフォルトでwebから見れるという点は便利なような気がしなくもないです。



なんかほかにもやったような気がしますが、去年はざっくりこんなことしていたらしいです。
二周遅れ感も若干ありますが、すぐには変えられないので一個ずつ着実に改善してきたいところです。

*1:system perlにはもう依存したくないよねとかいろいろ。察してください

*2:ちなみにStartDash(START:DASH!!)というプロジェクトコードを付けていた。察してください

*3:一定ファイル容量でローテートされる。そしてgzip圧縮してるのとしてないの(バッファ)が混じってる