Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

目の前に僕らの道がある

勉強会とか、技術的にはまったことのメモ

東京Ruby会議10に行ってきた(2日目) #tkrk10

2日目も出遅れましたが、千葉に行ってきました。
大雪で結局、途中解散になってしまったのは残念ですが、楽しいカンファレンスでした。運営の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

2日目はアンチぼっちランチにも参加させてもらっていろいろお話をしてんですが、2,3年くらい前と比べて、実際に業務でRubyを使っているって人が増えたっていうのは確かにそうだなあと感じました。私みたいに普段使いの言語がPerlでもFluentdやCompassのようにRubyで書かれたものを使うようになってきて、だいぶRubyの勢いを感じています。

あと、メイン会場の電波が弱くて、入り口付近しかwimaxの電波が入らなかったのがすこし、惜しかったです。


さておき。

以下、ざっくり今日のメモ。
(遅刻して)、さらに早めに返ったのもあり、3つしか聞いていないことに今更気がついた。

Fluentd: The ruby-based middleware across the world

  • Fluentdは間に合えば今のプロジェクトに入れたいと思っているので、もうちょい検証してきたいところ。

Ruby、RoRでのオフショア開発をハノイで行ってみたら・・・

  • オフショアというと、あまり印象よくないのですが、こういった、ちゃんと教育をしてコミュニティを育てるやり方は面白いなと思いました。

東京にきて僕が作ったものについて

  • 千駄ヶ谷は職場から近いので、機会があったら1度くらい参加してみたいです。