Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

目の前に僕らの道がある

勉強会とか、技術的にはまったことのメモ

td-agentのdebian lenny32bitのdebを作ってみる

本本家のtd-agentのレポジトリには32bitのdebパッケージは無いので、自前で作って見るのテスト。

fluentdからdh_makeを使ってdebパッケージを作ろうかと思ったんですが、debinパッケージの作り方をいまいち理解できておらず、いろいろ試行錯誤したのですが、どうもうまくいかないので断念しました。
そんなときにふとtd-agentではどうやってdeb作っているのかなとgitレポジトリを見てみたら、ここからdebパッケージを作る方が早いことに気がついたので、ちょっと試してみました。

環境

こんな感じDebian lenny 32bitです。

% uname -a
Linux mlab.local 2.6.30-1-686 #1 SMP Sun Jun 14 16:11:32 UTC 2009 i686 GNU/Linux
% cat /etc/debian_version
5.0.10

依存パッケージのインストール

依存はこれだけのはずですが、パッケージ作成の時に他にも必要かも知れないです。

sudo aptitude install libc6 libgdbm3 libncurses5 libreadline5 libssl0.9.8 libxml2 libxslt1.1 libyaml-0-1 zlib1g

debパッケージの作成

うまくいけば、td-agent_1.1.5.1-1_i386.debなパッケージが出来るハズです。

git clone https://github.com/treasure-data/td-agent.git
cd td-agent
bash make-deb5.sh 

インストール

インストールもいつもの

sudo dpkg -i td-agent_1.1.5.1-1_i386.deb

起動

起動はいつもの。

sudo /etc/init.d/td-agent start

ログを見てあげてひとまず上がっていればOKそう。

tailf /var/log/td-agent/td-agent.log

ひとまず、ここまで。