Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

目の前に僕らの道がある

勉強会とか、技術的にはまったことのメモ

MySQL::Sandboxを試してみた。

先輩にMySQL::Sandbox便利だよと言われたので、ちょっくら試してみる。

その前に。開発環境の構築。

今回はいつものDebian lenny君ではなくUbuntu 10.10 amd64なのでまずPerlの環境を作るところから。

cpanmのインストール
optbin_dir=${HOME}/opt/bin
if [ ! -d ${optbin_dir} ]
then
    mkdir -p ${optbin_dir}
fi

cd ${optbin_dir}
curl -LO http://xri.us/cpanm 
chmod +x cpanm

rehash

${HOME}/opt/binにパスが通っていること。

perlbrewのインストール
tmp_dir=${HOME}/tmp
if [ ! -d ${tmp_dir} ]
then
    mkdir ${tmp_dir}
fi

cd  ${tmp_dir}
curl -LO http://xrl.us/perlbrew 
perl perlbrew install
rm perlbrew

${HOME}/perl5/perlbrew/bin/perlbrew init

echo '
# perlpbrew
source ${HOME}/perl5/perlbrew/etc/bashrc
' >> .zshrc 

source ${HOME}/.zshrc 
rehash
perl-5.12.2のインストール
perlbrew install perl-5.12.2
perlbrew switch perl-5.12.2

MySQL::Sandboxのインストール

cpanm MySQL::Sandbox

これだけで十分です。cpanmが便利すぎます。

MySQLのバイナリを落としてくる

とりあえず、公式サイトから5.5と5.1を落としてきます。

optmy_dir=${HOME}/opt/mysql
if [ ! -d ${optmy_dir} ]
then
    mkdir -p ${optmy_dir}
fi

cd  ${optmy_dir}
wget http://ftp.iij.ad.jp/pub/db/mysql/Downloads/MySQL-5.5/mysql-5.5.8-linux2.6-x86_64.tar.gz
wget http://ftp.iij.ad.jp/pub/db/mysql/Downloads/MySQL-5.1/mysql-5.1.54-linux-x86_64-glibc23.tar.gz

簡単なサンドボックスの作成

make_sandbox ${HOME}/opt/mysql/mysql-5.5.8-linux2.6-x86_64.tar.gz

先の手順でダウンロードしたバイナリアーカイブを指定すると $HOME/sandboxes以下に環境が作成されます。

${HOME}/sandboxes/msb_5_5_8/use

とかするとmysqldに接続できます。

${HOME}/sandboxes/msb_5_5_8以下に色々スクリプトがあります。

作成コマンドを変えると色々構成が選べるみたいです。

make_multiple_sandbox         make_replication_sandbox    
make_sandbox                  make_sandbox_from_installed 
make_multiple_custom_sandbox  make_sandbox_from_source 

これは便利。実験とかに使える。